ヨガの出来ないポーズができる

NEW !
テーマ:

 

日々思う事。

 

教室では、生徒さんにいつも  勉強させて 頂いて います。

 

先日も、シニアのクラスでの出来事。

 

シニアといっても 皆さん 私よりも ヨガと お付き合いが

 

長い人がほとんどで、 人生の先輩の方々が沢山おられます。

 

皆さん ほんと 熱心で、ひたむきに 努力を積まれる方

 

なので、出来なかったポーズが 出来るように なることが

 

よくあります。

 

前回の記事でも 日々進化されてる記事を書きました。

 

ひたむきな姿勢 こちら下矢印

 

https://ameblo.jp/14pp/entry-12453899063.html

 

 

 

70代の方ですが、何人の方も 進化されています。

 

サーランバ シールシャアサナ 逆立ちのポーズです。

 

肘が押せなく 浮いていたのだけど 今は、肘もついて

 

背骨が伸び、わき腹も引きあがっていて

 

安定してきたと思います。

 

他でも

 

ピンチャマユーラアサナ 肘で支える 逆立ちでも

 

一人で(補助なし) 上がれる方 もいらっしゃいます。

 

他にも 日々 沢山あるんです。

 

皆さん 共通して 思う事は、 行動 まず やってみる

 

また やってみる また やってみる  そして

 

疑問がでてきて  探求していく

 

この繰り返し 繰り返し 探求しつづけて いく

 

仮定をくりかえし  進化されていおるのです。

 

私も、 先生に何度も 何度も いわれても

 

気づけない事も  まだまだ あるし

 

そのいっぽう、習いにいく度に  気づきが あります。

 

時には、ブレイクスル― な気づきも あります。

 

それは、 自分の動かなかった 身体の部位と

 

心の中に スペースが 出来て 受け入れる

 

準備が出来たからだと 感じます。

 

自分では、しているつもり、 聞いてるつもり

 

わかっているつもり  架空のつもり なのです。

 

心と、身体が 繋がっているように

 

頭 (知識) だけではなく  身体 (見た目のポーズ)

 

ではなく、心、伎、体 と繋がって いくこと。

 

ヨガの 奥深さ を 日々 感じます。

 

そして、 一緒に ヨガを学ぶ 仲間、生徒さんに

 

パワーをもらい、 パワーを注いで

 

今を過ごせる事に 感謝いたします。

 

アメブロ: https://ameblo.jp/14pp/

お問い合わせ:https://www.akasha-yoga.net/contact.html

2019.05.28