エゴのゲームをやり続けると

NEW !

先日、あるご年配の生徒さんから、

この本読んでみて と 勧められた

冊子。 【私の愛する子供たちへ】

遺したい言葉  伝えたい想い

平塩 清種 著

広島の詩人の方だそうで・・・・・・・・・・

その方の書いてある中で、

・・・・・・・・・・【人生の渡り方】・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、悪くない、 私は間違ってない、私には

罪はないと思っていることが、

すでに間違い・・・・・・・・・・・・・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私はそのフレーズが 目にとまりました。

それは、エゴだと。

エゴのゲーム。

1、 支配したい

2、 支配されたくない

3、 自分が正しい

4、 相手が間違っている

5、 自分を正当化するために嘘をつく

6、 相手に罪をなすりつける 【相手に罪の意識をもたせる」

私は、去年から、父親の介護を引き受け 同居を決心

実は、 トラブル続きで ありまして

同居がスタートして しばらく経つと

私の抱えていた、親子関係が  浮き出てきて

喧嘩ばかりか、 まさに

エゴのゲームを やり続けてるDASH!DASH!

これって、 人間関係の問題 だから

大切な問題ですね。

きっと・・・・・この問題を 無視続けると

私は、何らかの 病気になるかもしれませんあせる

いやいや、そうなっては 困ります。

子供は 親を選んで 生まれてくる。

又は、自分の親は、自分にとって 都合のよい

親である事。 【ヒントをもっている】

親と自分そのもの・・・・・なんですね。

親に対して 許せない問題。

無視続けてないで、 その問題に ちゃんと

向き合って いかないと いけませんね。

この問題は、 今の私のテーマなので、平塩さんの

【人生の渡り方】  が目に留まったのだと思います。

ブレークスルーを起こしてください~音譜

2019.06.05