横隔膜の動き

テーマ:

    こんにちは

 

呼吸には呼吸筋があるのをご存知でしょうか

 

普段何も意識しなくても呼吸はしていますが

 

呼吸するときの横隔膜やインナーマッスルについて

 

調べてみました。

 

 

[ 横隔膜の動き  ]

 

 

 

画像でみるとイメージできますね。

 

主な働きとして吸息の主要筋

 

特徴は収縮時に下位の肋骨は固定され

 

この横隔膜は腹腔側へ下がる。

 

そして胸腔を陰圧にすることにより吸気を行わせる。

 

これが、肺活量の約60%を担うとされる複式呼吸のしくみ

 

横隔膜は、主力呼吸筋であり 呼吸時に働く。

 

そのほか、横隔膜は腹圧を高めることによって排尿、

 

排便を補助する、 また

 

咳、嘔吐や笑うときなどにも働く。」

 

【筋肉のしくみ、はたらき事典参照】

 

 

普段意識しなくても呼吸はしていますが

 

体の内部は今、今、今、を察知して動いていてくれてるのですね。

 

有り難いですね。

 

段の呼吸が浅かったり、ため息が多かったり、

 

お腹に力が入らない

 

落ち込んでいる時、不安な気持ちなどにも

 

呼吸があさくなっているのではないでしょうか...

 

吸筋を普段から意識して 横隔膜がスムーズに動くように

 

なりたいですね。

 

ヨガのポーズをしている時にこのスムーズな呼吸が

 

出来ているか・・・・・・

 

 

 

その他にも、

 

腹直筋が硬い人が多く

 

お腹を緩める事が出来ず、痛く感じるようです

 

息を吸っていくと横隔膜は下がります。

 

お腹に突っ込んでいる指が押し出されます。

 

逆に息を吐いた時に横隔膜は上がっていくので

 

指をお腹の奥の方まで入っていくことが出来ます。

 

そして この横隔膜は

 

瞬間的に大きな力を出すときに

 

勢いよく下がってくるようになっているのです。

 

この横隔膜が下がったタイミングで 体幹部に力をいれ

 

キレのある動きが発揮出来ます。

 

しかし、腹直筋が硬く、横隔膜の動きをコントロール出来ないと

 

大きな力を出そうと思っても 横隔膜が上手く 下がらない

 

体幹部からの力が利用出来ず

 

腕や脚の力で動かそうとして

 

手足を力ませてしまい

 

重く動きのない動作になるのです。

 

 

腰筋の働きや機能

 

股関節の屈曲

太ももをお腹に近づける動作の時に使われます。

日常の動作で言うと 歩く走るなどの基本的な動きも含まれます。

 

股関節の外旋

大腿骨が回転するような動作の時に使われます。

日常の動作で言うとあぐらをかくときの動きも含まれます

 

衰えてくると

  1. 血行が悪く冷えや股関節周りの硬さ
  2. 腰痛
  3. 便秘
  4. 下腹が出てくる
  5. 骨盤のゆがみ
  6. 姿勢を維持出来なく猫背になる

 

 

鍛えることで代謝がアップするので

冷えや股関節周りの柔軟性 姿勢が良くなり維持できるようになる

又骨盤が安定することにより正しい位置で維持できるようになる。

 

普段の日常生活の中で意識しつつ

でしっかり動かして健康で衰えない体づくり一緒にしませんか乙女のトキメキ

 

 

 

 

○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.

[自宅でレッスンを受けたい方へ]

オンラインレッス

詳細とご予約はこちら

 

参加される方

○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.○o。.
   [ネット予約]
  クービック予約システムから予約する

 

2020.07.05