冬の養生法

冷えの改善養生法

テーマ:

冷えの改善

 

こんにちは。

飛び出すハート 

寒ーい季節

家にこもって暖房の中でじっとして過ごしていませんか??

冷えについては

女性に2人に1人ぐらいの割合で

冷え性の方がいらっしゃるのではないでしょうか

私は、もともと、冷え性ではなかったの

ですが、

更年期の症状が

始まった頃から

冷えを感じる様になりました。

やはり冷えからの

股関節周りの硬さや

下半身のむくみ、

おしり、太もも、下腹部

あたりのむくみの様な感覚が

あったと思います。

私の場合、漢方を勉強したり

その影響で

食べ物を気をつけたり

更年期の症状にあった

ヨガを続けていたおかげで

かなり改善してきました。ラブラブラブラブ

冷えとは

万病の元とも言われるぐらい

大切な事だと思います。

日本には季節があるので

季節によって気温が変化します。

私たちの体は

優れもので 基礎代謝の量を変えて

体温調節をして気温の変化に対応しています。

四角オレンジ春  一年で一番寒暖差が厳しく体を冷やしやすい

四角オレンジ夏  冷房の影響で体を冷やす

四角オレンジ秋  夏の冷房で冷え切った体に寒暖差が追い打ちをかける

四角オレンジ冬  本格的な冬で朝から晩まで冷える

これらは外からの冷えです。

夏は、血管を広げ、熱を放散するようにして

バランスをとっていて

冷房などの冷気で体は熱を奪われて

冷えがどんどん入り込みます。

一方、冬は暖房をきかせすぎる事による

『冷え』が問題になります。タラー

東洋医学的には

冬は、エネルギーを静かに蓄える時期

なのです。

冬は適度に寒い方が体に良く 寒さ🍃によって身を引き締める事で

力強いエネルギーが育つと言われています。

過度な暖房は、自律神経を乱す事になり

体温調節が 上手く働かなくなってしまいます。

そして、口から入ってくる食べ物にも大きく影響します。

甘いもの 『砂糖』 運動不足も冷えの

原因です。

冷えとは

自律神経とかかわりがあるので

冷えが長年さらされ続けていると

自律神経の働きが乱され

体温調節機能が狂ってしまい

さまざまな不調を引き起こしてしまいます。ガーンガーン

冷えにもさまざまなタイプがあります。

調べたものを書いてみました。

ダイヤオレンジ気虚 エネルギー不足

養生法 朝食がエネルギーのもと 気を補うには

きのこをとり入れて🍄

過労や、睡眠不足を減らし、日常生活を変えていく事が大切

ダイヤオレンジ気滞 気のめぐりが悪い

自律神経のコントロールが出来なくて

不安定な状態

ストレスを感じると

みぞおちや、肋骨のあたりがはる

養生法 ストレス!

自分にあったリラックス方法を見つけ、

不規則な生活や、極度の緊張は避ける

ダイヤオレンジ気逆 感情が激しく、いつもイライラ気味

気は、上から下へ流れますが、逆で

下から上へ

逆流してしまい

冷えのぼせのようになる

頭痛 めまい 動悸 激しい咳

吐き気や嘔吐 ゲップ

養生法 軽い運動 アルコール、香辛料などのとり過ぎ注意

ダイヤオレンジ血虚 血か足りない 薄い

女性の場合には 月経がある為不足しがちです。

血の働きも弱いため

貧血の傾向やめまい

しびれや、けいれんなどの症状も現れやすい

養生法 女性は特に月経中と、その後の時期が

要注意です。

無理をせずに 規則正しい 生活のリズムを

心がけ、鉄が豊富食材を意識して摂るようにする

鉄の吸収を良くする タンパク質 ビタミンC

造血を助ける

ビタミンB群も同時に摂ります。

ダイヤオレンジ瘀血 血のめぐりが悪い

ストレスや 冷えが原因で血のめぐりが悪くなり

血液中に 汚れてが溜まってる状態

肩コリ 頭痛 冷え のぼせ 皮下出血

あざができやすい 生理不順

生理痛

養生法 血行を良くする

軽い運動を習慣にする

体を温める食べ物を摂る

体を冷やさない

ダイヤオレンジ水毒 水の流れが悪く停滞している

体の水はけが 悪いので

むくみやすい状態

寒い日や 気圧の低い日 湿度の高い日

などは、滞った体液で更に冷え

不調が出やすくなります

養生法 冷えを体にとり入れない

夏の冷房 甘い物 果物のとり過ぎ

気持ちいい汗をかいて

水はけをよくする

食事で体を温めて〜冷えない体

自然界には

陰 と 陽 という 考え方が存在していて

食べ物の場合には

体を冷やす 陰性食品と

体を温める 陽性食品に分けられます。

陰性食品は、

夏が旬 暑い土地が原産 色が薄い

水分を多く含むなどの特徴があります。

農薬や、添加物を多く含む 食品も

体を冷やすとされています。

養生食品は、

冬が旬 寒い土地が原産 色が濃い

水分が少ない等があります。

どちらにも属さない食品を

間性食品といい

主食になる食品が多いのが特徴です。

いかがでしょうか?

私は、思い当たるものは

色々やってきました。

本気で、自分の,為のヨガを

習慣にして

続けてきました。

おかげで 随分

体が変わってきましたハートグラサンハート

冷えを当たり前にしないで

基礎代謝を高めましょう。風船

2022.01.29